現場や建築で役立つ情報を随時更新中!

木造住宅、新築注文住宅、リフォームは美濃加茂、可児、名古屋にある丸信住宅産業。

お問い合わせ

お問い合わせ

社長コラムCOLUMN

まずはお気軽に

営業時間8:00-17:00 /日・祝定休

メールお問い合わせ・資料請求はこちらから

スタッフブログ

  • BinO
  • 四季の家

新着&イベント情報

心やすらぐ木の家で、心おちつく家族の時間を
家族の時間を心健やかに過ごしていただくために、私たちのできること

木の家ラインナップ

四季の家
無垢材をたっぷりと使用したMARUSINの住宅!
binO
スキップフロアのあるお家
FREEQ HOMES
「ちょうどいい」平屋のローコストハウス
AzitO
ライフスタイルに合わせで変化させる夢の箱

不動産情報

施工事例

お客様の声

Another Contents

  • 家づくりの9つのメリット
  • 家づくりの流れ

私たちについて

社長コラム

2017/07/05

2009 冬

皆さん、新年明けましておめでとうございます。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。


 昨年は、前半、環境問題そして北京オリンピックなどが話題の中心でしたが、後半になりまして、アメリカの金融危機に端を発した世界的経済悪化で、日本も社会情勢が一変してしまいましたね。大企業は一斉に生産調整に入り、昨年末から派遣社員大量解雇などで失業者が大量発生し、住むところも追われるなど社会問題となっています。

まだこうした状況は始まったばかりで、これからどれだけ経済が悪化していくのか予想がつかない状態です。日本人の特性として、周りの雰囲気に合わせるというか、みんなが右を向けば右を向くという国民性であり、景気が悪い悪いとマスコミが連日これだけ流していると、さほど影響ない人達まで同じように悪いかのように振舞ってしまうところがあるので、ますます全体的に景気が減速してしまうということになるのではと思います。私たち地方の中小建築業界には、これからじわりじわりとその影響が押し寄せてくるのではと案じております。

 


ということで、やはり私も最も日本人らしい日本人のため心配な話から入ってしまいましたが、話はがらりと変わりまして、一昨年から復活しました小中学生の全国一斉学力テストに関してですが、地域格差や学力の程度を把握するためということで実施されております。

 

犬山市教育委員会が反対して、犬山市の小中学校は実施されていないみたいですが、秋田県が全国で一番成績良く、沖縄県が一番悪かったとのことです。どうして大都会のある県でなく秋田県のような地方の県がと思いましたが、テレビでもその特集をやっていたような記憶があります。今日は、その秋田県の教育について興味深いコラムがありましたのでご紹介したいと思います。

 

 

秋田県といいますとみなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。きりたんぽになまはげは有名です。最近のニュースでも秋田県が学力ナンバーワンの県だということで、ご関心をお持ちになっておられる方もと思います。秋田県は昨年四月に行なわれた全国学力テストで、小学生が全教科学年トップになった他、中学生も全教科で三位以内に入るという健闘ぶりでした。一昨年に引き続き二年連続で好成績を収め、大手進学塾では「秋田県に学べ」とキャッチコピーが採用されるほどに秋田県の教育法は脚光を浴びております。

 


特に注目されているのは、家庭内の生活習慣との相関性の高さです。正答率の高い子供ほど「早寝、早起き、朝ご飯」が守られており、テレビ視聴やゲームに費やされる時間が短いことがわかりました。その他にも、「学校の決まりを守る」「家の人と学校での出来事について話す」の回答率が高いのも特徴です。

 


親子間の会話で「最近学校はどう?」と聞いた場合に、だいたいが「ふつう」や「特に変わったことはないよ」などの会話が多いのではないでしょうか。そんな会話の欠如から、子供のぼ〜っとした態度に腹を立てて、なんでもないことで叱ったり、家庭内暴力に発展することもあるようです。親子のコミュニケーションは学習時間の多さよりも大事かもしれません。

 


秋田県の強さはそのほかにも、まず、雪国ならではの学校、家庭、地域の連携がとれた雪国式学習法があげられます。二〇〇五年度からは保護者や地域住民が自由に学校を訪問できる「みんなの登校日」を実施。昨年は人口の四分の一にあたる延べ二十八万人が学校を訪れ、地域住民の学校への関心の高さがうかがえます。

 


保護者と担任が連絡をとることができる連絡ノートはありましたが、秋田県には「家庭学習ノート」があります。これは、科目に関係なく興味のあることを調べて書く、楽しかった出来事を詩や文にする、復習をまとめるなど、子供たちは思い思いに使っています。習慣化すると次第に子供自身が課題を決めて取り組むようになります。また、これを親が見ることによって、自分の子供は何に興味を持っているのかなど、将来像を考えることに役立ち、親、子供、教師の連携にも役立っています。

 


秋田県が成功の理由はいろいろありますが、究極は家庭がしっかりしているかどうかです。東京都のとある学校では「朝食を家族と一緒に食べよう」という目標を打ち出したところ「そんなことはできない」と反論があったそうです。子供は親の背中を見て育つといいますが、向き合うことも大切ではないでしょうか。

 

 

 以上です。
皆さんは家族揃って朝食を食べてみえますか? 仕事の都合などでなかなかそんなわけにはいかない方も多いのではと思います。その分を何か別の形で補って家族のコミュニケーションが図れればと思います。やはり国の将来のためには、子供の教育が最も大事です。子供たちが将来に夢や希望の持てる明るい責任ある国であり、社会であってほしいものです。麻生さん、小沢さん、あまり頼りない感じですが宜しくお願いします。

 


今年は、経済情勢がかなり厳しい年になるかと思いますが、この逆境を逆に前向きにチャンスと捉え、社員一同精一杯頑張って参りたいと思います。どうかご支援ご指導の程、宜しくお願いいたします。

〈追伸〉


大変お世話になりながらいつもお願いばかりで申し訳ございませんが、皆さま方、またご親戚、お知り合いなどで住宅などを計画しておみえの方がございましたら是非ご紹介ください。
新築、建替え、増築、改築、改装などどんな工事でも構いません。お話を聞かせていただくだけでも結構ですので、ご連絡いただければ幸いです。どうぞ宜しく御願い致します。

 

木の家のこと、BinOのお家のこと、土地のこと。どんなことでもお気軽にご相談ください!

木の家のこと、Binoのお家のこと、土地のことどんなことでもお気軽にご相談ください! 本社 0120-480-137 名古屋営業所 052-831-6967

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求