現場や建築で役立つ情報を随時更新中!

木造住宅、新築注文住宅、リフォームは美濃加茂、可児、名古屋にある丸信住宅産業。

お問い合わせ

お問い合わせ

社長コラムCOLUMN

まずはお気軽に

営業時間8:00-17:00 /日・祝定休

メールお問い合わせ・資料請求はこちらから

スタッフブログ

  • BinO
  • 四季の家

新着&イベント情報

心やすらぐ木の家で、心おちつく家族の時間を
家族の時間を心健やかに過ごしていただくために、私たちのできること

木の家ラインナップ

四季の家
無垢材をたっぷりと使用したMARUSINの住宅!
binO
スキップフロアのあるお家
FREEQ HOMES
「ちょうどいい」平屋のローコストハウス
AzitO
ライフスタイルに合わせで変化させる夢の箱

不動産情報

施工事例

お客様の声

Another Contents

  • 家づくりの9つのメリット
  • 家づくりの流れ

私たちについて

社長コラム

2017/07/05

2015 夏

いよいよ灼熱の太陽が照りつける夏がやってきました。

 

といってもまだ梅雨が明けていませんので、例年の如く、夏前の梅雨末期地域限定集中豪雨があるかもしれません。どうかそんな集中豪雨がどこにもありませんようにと祈るしかありませんが、最近の日本列島はちょっと危険をはらんでいますね。


あちこちで火山活動が活発化し、地震も頻発してます。そのうちまた何か大きな自然災害が発生しそうな気配です。


大都会の人たちは、田舎にIターン、Uターンして疎開された方がいいかもしれませんね。
中古住宅の空き家がいっぱいありますから、買うなり借りてリフォームすれば広い家にゆったりと住むことができますよ。

 


日本は、島国であり単一民族が独自の文化を誰にも邪魔されず育んできましたから、どうも他国との交流は苦手のようです。

 

これは国民性であって、自己主張ということに慣れていません。とにかく海外では、自己主張して自分をアピールしないことには誰も見向きもしてくれないということがあります。その点日本では、「謙虚さ」とか、武士道でいうところの、「惻隠(そくいん)の情」なんていうのが美徳とされ大事にされてきました。

 


かくいう私も典型的な日本人として自己主張というものが大の苦手でして、何かをするにも誰かがそのうち分かってくれるだろうなどと消極的に考えてしまいます。

 

当然そこには、人の気持ちを分かってあげなければいけない、気配り心配りという文化も生まれてきて世の中が上手く回っているわけですが、こういった文化というか国民性というのはなかなか外国人には理解されにくいでしょうね。しかし、こうして国際交流が進んで、いっぱい外国人が日本にやってきて、日本の生活というか国民性に触れ合うことによって、日本独自の「謙虚さ」とか「おもてなし」の心にちょっとホッとするというか気の休まる気分になるのではないでしょうか。

 


最近、日本はデフレの影響もあり、経済の面では多少後退の感がありますが、和食文化が大ブームになったり、アニメやコスプレが大人気だったり、世界文化遺産に登録されたりと、文化の面では日本がいっぱい見直されているようです。

私は外国で生活したことがありませんから、全く手前味噌的な事しか言えませんが、日本ほど奥深くて奥ゆかしい国はないのではないかと思っています。歌舞伎・能・狂言・文楽・浄瑠璃・落語・漫才・相撲・柔道・剣道・空手・茶道・華道 等々日本独自の文化がいっぱいあります。

和食も刺身・寿司・天ぷら・すき焼き・しゃぶしゃぶ・うどん・鍋 等々種類がいっぱいです。これほど多種多様な文化を持っている国はまれではないかと思います。フランス人じゃないですが、もっと誇りに思って威張ってもいいんじゃないかなあ。
それでは今回は、そんなことに触れています今月初めの新聞コラムをご紹介します。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

昭和のはじめ、新興の国際都市東京を、多くの外国人が仕事や観光で訪れた。


彼らが口をそろえて感心したのが「上品で、すてきで、心のこもったもてなし」だったそうだ。
英国の外交官夫人として日本に滞在していたキャサリン・サンソムが、手記にそう記している。
案内人の手厚いサービスから普通の人たちの丁寧なお辞儀まで、何がこのもてなしを生んだのか。
親切心。寛大さ。古くからの伝統。さらには自分たち自身への誇りがあっての事だろうと彼女は推測する(大久保美春訳「東京に暮らす」)。この美しい自然や文化、暮らし方を誇り、自慢したくなるのは当然だとも語った。

 


いま、日本を訪れる外国人が増えている。消費額の総計は昨年、2兆円を超えた。

 


政府は5年以内に4兆円へ倍増させると意気込む。確かに外国人、とりわけアジアからの観光客の買い物意欲は旺盛だ。
先日も東京・新宿の繁華街に大型免税店が新たに開業し、中国などからのグループ客で早くもにぎわいを見せている。
店には日本製の生活雑貨や食品が並ぶ。説明の札には東南アジアや中央アジアの言葉も交じる。店員も外国人が多い。
疑問にすぐ答えられてこそおもてなし、との発想からだ。

 


どうやら誇りと親切というもてなしの要は、サンソムのころと変わらないらしい。
まずは気持ちよく過ごせること。消費増はその結果と考えたい。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

以上です。
世界中の人たちに、日本人の奥ゆかしさというものを知ってほしいですね。

そして理解してもらいたいとおもいます。他国の悪口ばかり言って自国の国民の目を背けようとしたり、力で領土を拡げようなどとしている国には特にわかってほしいものです。

 

世界中の人が、「謙虚さ」を持つようになれば、いざこざや衝突も減るのではないかと思います。もちろん、日本でも戦国時代がありましたし、世界大戦も引き起こしましたから大きなことは言えませんが・・・。

 


自分の考えを持たず、モジモジして人前で何もしゃべれないというのはどこでも通用しませんが、しっかり自分の考えを持って、言うべき時にははっきり意見が言えるが、普段は謙虚にして他人を立てることができるというのが理想ですね。そんな人はそんなにいないでしょうか?

 


それでは真夏に向かう折、どうか熱中症には充分お気を付けてお過ごしください。

 

木の家のこと、BinOのお家のこと、土地のこと。どんなことでもお気軽にご相談ください!

木の家のこと、Binoのお家のこと、土地のことどんなことでもお気軽にご相談ください! 本社 0120-480-137 名古屋営業所 052-831-6967

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求