[家づくり指針]自然素材&注文住宅を岐阜・美濃加茂・可児・名古屋で建てる際の指針。[丸信の家]丸信住宅産業

HOME > 丸信の家づくり > 家づくり指針

家づくり指針

信用、信頼の家づくり

平和な社会も家族も、すべてお互いの信頼関係から成り立っています。人間社会で信用、信頼を失ったらおしまいです。お互いを信頼し合うために、まず自分たちが信用してもらえる存在になるということが一番大事であると考えます。

丸信は、地元地域に根付きながら、地域密着型工務店として、岐阜・愛知で建築工事をさせていただいております。創業者である先代社長は、平成元年に地元七宗町の町長にも就任いたしております。私たちは、家づくりをさせていただく上で、お客様との信頼関係がもっとも重要なことと考えます。

工事中はもちろん、完成後においても入居されてからが本当のお付き合いと考え、アフターフォロー、点検、メンテナンスも含めて、末永いお付き合いをさせていただきたいと思います。

家づくりのポリシー

毎年、秋にOB客様をご招待して、本社製材工場内にて、お客様感謝祭(まるしん親睦フェスタ)を開催して、毎回、多数ご参加いただきご好評をいただいております。


住まいづくりを通して、健康で豊かな暮らしをご提案します

限られたご予算、敷地などの諸条件の中で、お客様のご要望に沿いながら、より丈夫で、より、快適で、より機能的な家の設計を考えます。最新の情報、技術と今までの蓄積された伝統技術を融和させ、最終的に、お客様にとっていかに住み心地のいい家となるかを常に考えてご提案をいたします。

長年培い実績を積んできた、岐阜美濃の匠技を最大限生かしながら、その家に携わる多くの職人、技術者たちの思いを込めた総合力を結集して、木の持つぬくもりや心地よさがたっぷり詰まった健康、快適住宅をご提案いたします。

お客様には、入居後の快適で楽しく心地よい生活を想像していただきながら、ワクワク楽しみながら家づくりをしていただきたいと思います。

やっぱり日本の住まいは木造が一番です!

木造が一番

高温多湿のこの日本の風土にあって、健康的で快適に永く安心して住むためには、まず、木造軸組工法の住宅にすることが、必要絶対条件であると私たちは考えます。

丸信では、地元の東濃桧をはじめ、厳選された木材を適材適所に使用して、地震、台風にもしっかりと耐え、100年、200年と年月が経っても愛され続けるような、耐久性が高く頑丈な構造を持った良質の家づくりを第一に考えています。